会 津 若 松 市 の 見 ど こ ろ

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    名刹と神社    [メニュー]
鶴ヶ城内  鶴ヶ城周辺  旧市街周辺  東山温泉周辺  神指城周辺  北会津周辺  河東町周辺  大戸町周辺

飯  盛  山  周  辺

 飯盛山観光案内所については、こちら。

飯盛山 (いいもりやま)  ネットで参詣

飯盛山

 市の中心部の東側にあり、標高314メートルの山で、市内が一望できる。
 飯を盛ったような山の形をしているので、名付けられた。
 白虎隊自刃の地としても知られ、「白虎隊十九士の墓」には年間200万人もの観光客が訪れる。

動く坂道「スロープコンベア」  隊士の墓までは、183段の石段。
 並行して、動く坂道「スロープコンベア(有料)」がある。
 数分で、中腹の霊域に到着。
 標識の番号順に見学すれば、代表的な場所が巡れる。
 慶応4(1868)年8月22日、新撰組などの旧幕府軍700名が守る母成峠で、西軍2,000もの兵による侵攻があり、破られるとの一報が入った。
 主力部隊は、他の地域の守備に当たっており、不在だった。
 やむなく、白虎隊士中二番隊に出陣を命じ、松平容保公みずから滝沢本陣にて指揮をとる。
 白虎隊は、15歳から17歳の少年たちで構成された藩主警護・後方支援の部隊である。
 少年兵たちは初陣であったが、戸ノ口原の戦いで勇敢に戦う。

戸ノ口堰洞門  圧倒的に多い敵兵の数に力およばず、撤退を余儀なくされる。
 戦闘中に隊長とはぐれた20名は、疲労と空腹に耐え、負傷者を抱え城に向かう。
 敵兵の目を逃れるため、猪苗代湖の水を若松に引くための戸ノ口堰洞穴をくぐりぬけ、やっとのことで飯盛山にたどり着く。

白虎隊十九士の自刃の地  そこで仰ぎ見たものは、城下全体をおおう大火災だった。
 鶴ヶ城も、すでに火焔に包まれていた。
 もはや藩主も生きてはおられまいと、誰もが考えた。
 西軍に屈するよりも、会津藩と運命を共にしようと死を決意し、次々と自刃。
 蘇生した飯沼貞吉を除き、全員が死亡した。
 強制されたものではなく、指揮官なしで、最後まで統率が乱れなかった行動は、日本史上、稀有の出来ごとである。
 幼少期の「什の掟」と、当時の最高レベルであった藩校「日新館」での教育の賜物といわれている。

 実際は、城の周辺の武家屋敷などが燃えていただけだった。
 この後も、1か月の籠城戦を戦い抜くことになる。

白虎隊十九士の墓  ここでも西軍は、死体をそのまま放置しておくよう命じたため、埋葬もできなかった。
 見かねた肝煎によって埋葬された隊士の遺体は、再び掘り起こされ、元の地に打ち捨てられている。
 明治17(1884)年に、やっと墓が建てられる。
 白虎隊士の墓は、遠く鶴ヶ城の方を向いている。

 皮肉にも1人だけ生き残った飯沼貞吉によって、忠義の経過が語られ、広く知られるところとなった。
 一緒に死ねなかったことから、二度と若松を訪れることはなかった。
 後に、友が眠っているこの地へ、分骨された歯と遺髪が埋葬された。
 彼らの精神は日本のみならず、海外でも名が知れわたっている。
 特に、騎士道を重んじる欧州の国々などで賞賛されている。
 ローマから記念碑が送られ、ドイツからは石碑が建てられた。
 今も、墓前には香煙の絶えることはない。
 そして、霊を慰める 剣舞 が、春と秋の年二回、墓前で奉納され続けている。
 白虎隊の歌詞については。こちら。
 [閑話]

 ▲飯盛山スロープコンベア(会津若松市一箕町大字八幡字弁天下) 鶴ヶ城から 3.1km
   ・運行時間 8時〜17時
   ・運行期間 4月〜11月末日(降雪期は運休)
   ・見学時間 40分
   ・丁字路の信号を50メートル下った所に、市営の無料駐車場がある。
    無料の土産店の駐車場も多数あるが、地元ナンバーの車まで呼び込むほどの商魂。

さざえ堂

さざえ堂

 寛政7(1795)年、僧/郁堂と棟梁との創意により飯盛山の中腹に着工され、翌寛政8(1796)年に完成した。
 高さ16.5メートル、真径6.3メートルの六角形の三層の不思議な建物で、木造二重らせんは世界で唯一とのこと。
 旧正宗寺三匝堂で、国指定重要文化財。
 時計周りに螺旋状のスロープで上り、頂上の太鼓橋で反時計回り下りとなり、裏面から出る。
 上りと下りがつながっており、一方通行になっている。
 サザエの巻貝殻のの中のようで、平衡感覚がおかしくなような体験ができるだろう。
 堂の中を3回めぐることから、三匝堂の名がある。
 通路の内側に、西国三十三観音像が祀られ、一回ですべての巡礼を終えることができたという。
 仏像は、戦乱と廃仏毀釈のため、残っていない。

 ▲(会津若松市一箕町飯盛山 Tel. 0242-22-3163) 鶴ヶ城から 3.2km
   ・8時15分〜日没まで(冬季は、9時30分〜16時)
   ・年中無休

旧滝沢本陣         ネットで見学

滝沢本陣

 文禄4(1596初)年に建てられた横山家主屋を、本陣としたもの。
 延宝6(1678)年に藩から本陣の命を受け、東側の追加増築に着手し、翌年から本陣として使用される。
 古い農民住居の姿を残しており、屋根は茅葺きで書院づくりの建物。
 現存する東北地方最古の民家である。
 横山家は、現在16代の旧家。

 昭和42(1967)年、史跡に指定される。
 昭和46(1971)年には、国の重要文化財に指定された。
 白河街道の滝沢口にあるため、領内巡視時の休憩場としてや、土津神社の祭礼、参勤交代の時の旅装を整える場として用いた。
 当時のままの御入御門、御座之間、御次之間などが保存されている。
 藩主の身回り品、参勤交代の道具類、古文書なども保管されている。

 戊辰の役では、藩主/松平容保公が本陣をおく。
 白虎隊士が、戸ノ口原戦場への初陣命令を受けた場所でもある。
 無数にある弾痕や刀傷が、戦闘の激しさを物語っており、生々しい。
 当時の戦いの痕跡が完全な形で残っているのは、焼失や破壊されたため、ここ滝沢本陣だけである。

 ▲(会津若松市一箕町大字八幡字滝沢122 Tel. 0242-22-8525) 鶴ヶ城から 3.1km
   ・早朝から夕刻まで (8時〜18時)
   ・休館 年中無休 (冬季は予約が必要)

白虎隊記念館

白虎隊記念館

 士中二番隊19人の少年たちの自刃を通して、会津藩のみならず、武士の終焉を後世に伝えようとする資料館。
 飯盛山の参道を挟んで、スロープコンベアの反対側にある。
 肖像写真・肖像画などや幕府軍の資料、四斤大砲、鉄砲などの武器など1万2千点が展示されている。
 西軍が名付けた娘子隊と記載したり、案内のビデオで降伏開城を落城と呼ぶなど史実に難点はあるが。
 「会津復古会」加盟館。

 ▲(会津若松市一箕町大字八幡字弁天下33 Tel. 0242-24-9170) 鶴ヶ城から 3.2km
   ・8時〜17時(12月から3月は、8時30分〜16時30分)
   ・年中無休
   ・館内撮影禁止

白虎隊伝承史学館

白虎隊伝承史学館

 白虎隊を中心にして、戊辰の役の資料を約5千点が展示されている。
 隊士が学んだ会津藩校日新館、戊辰の役にまつわる新選組なども含め、会津藩の歴史を今に伝える資料館。
 一昔前には、館長みずからが、わかりやすく解説してくれたのだが。

 ▲(会津若松市一箕町大字八幡字弁天下 Tel. 0242-26-1022) 鶴ヶ城から 3.1km
   ・8時〜17時(12月から3月は、9時〜16時30分)
   ・年中無休
   ・館内撮影禁止

白虎隊士最初の埋葬地 (妙国寺)

 飯盛山で自刃した白虎隊士の遺体を、最初に葬った場所。
 戊辰の役で開城後に、藩主/松平容保公父が約1か月間 (28日)、蟄居謹慎した寺でもある。
妙国寺の説明文
 西軍は戦いが終了した後にも、遺体の埋葬を禁じた。
 自刃した白虎隊士の屍も例外ではなく、放置された。
 滝沢村の肝煎り吉田伊惣治が、密かに西軍の目を盗んで、この寺に仮埋葬した。
 すぐに発覚し捕らわれ、遺体は掘り起こされて元の場所に投げ捨てられた。

 ▲(会津若松市一箕町八幡墓料78 Tel. 0242-25-3337) 鶴ヶ城から 3.3km
   ・妙国寺については、こちら。
   ・見学自由

「名刹と神社」は、こちら。

舟 石            ネットで見学

舟石

 古道/滝沢坂の中間ほどにある大きな石。
 太古の昔、神が会津に来る際に乗ってきた船が、後に石と化したと語り継がれている。
 厚さ1メートル、幅3メートルほどで、座イスの形にも見える。
 平らな石の背に、船の帆のような八角形の岩が直立している。
 昔は、民謡/磐梯山の歌詞に載るほどの名所であった。
 近くに舟石茶屋跡芭蕉の歌碑がある。
 滝沢本陣の前の道を直進し古道/滝沢街道を進めば至るが、お勧め道順は、金堀集落から古道/滝沢街道の長坂を上り、車止めから徒歩で5〜10分ほど下る。
 戊辰の役には、悲劇も起こっている。

 ▲(会津若松市一箕町八百山近く) 鶴ヶ城から 9.4km

大塚山古墳

 前方部は幅23メートル高さ3.5メートル、後円部は径45メートル高さ6メートルあり、全長114mの前方後円墳である。
 4世紀末に造られたと推測され、東北地方最古の古墳の一つ。
 大きさは、東北地方で第4位で、県内では会津坂下町の亀ヶ森古墳に次いで第2位の大きさ。
 飯盛山古墳、堂ヶ作山古墳などの一箕古墳群の中の一つ。
 昭和47(1972)年に、国指定史跡となる。
 日本製の三角縁神獣鏡や三葉環頭太刀、銅鏃など多くの遺物が出土しており、国指定重要文化財として、県立博物館天守閣郷土博物館に展示されている。
 現地の  【図】  【文】

 ▲(会津若松市一箕町北滝沢) 鶴ヶ城から 3.6km

大塚山から眺望する堂ヶ作山古墳と飯盛山古墳

 右の写真をクリックで、現地案内板の文。
≪堂ヶ作山古墳≫
 大塚山古墳より小さいが、4世紀前半に築造と年代は古い。
 前方後円墳、全長84メートル、標高380メートルの山頂に築造。
≪飯盛山古墳≫
 4世紀前半か、5世紀前半に築造と推定されている。
 前方後円墳、全長70メートル、一箕町弁天の丘陵上に築造。

長門屋会津駄菓子資料館

 東日本大震災で被災したため、閉館。

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    名刹と神社    [メニュー]
鶴ヶ城内  鶴ヶ城周辺  旧市街周辺  東山温泉周辺  神指城周辺  北会津周辺  河東町周辺  大戸町周辺